日本がドイツに2-1で逆転勝ち 後半、堂安律と浅野拓磨がゴール

[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は23日、ドーハのハリファ国際競技場で1次リーグE組初戦が行われ、日本代表(世界ランキング24位)は、4度の優勝経験を誇るドイツ代表(同11位)と対戦した。

 日本は前半8分、中盤で鎌田がボールを奪うと、素早く右サイドの伊東へ展開。走り込んだ前田が滑り込みながらのシュートでゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定でゴールは認められなかった。

 ドイツは同16分にCKからリュディガーが頭で合わせたが、ボールはゴールの枠を外れた。試合開始から20分を過ぎて、両チーム無得点。

 先制点はドイツ。同31分にGK権田がペナルティーエリア内で、相手を倒してしまいPKを与えた。それを、ギュンドアンに落ち着いて蹴り込まれた。

 日本は前半終了間際にもゴールネットを揺らされたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)でオフサイドと判定され、事なきを得た。

 日本は1点のリードを許し、前半を終えた。

 後半開始とともに、日本は久保に代わって冨安をピッチに送り出した。ドイツの交代はなし。

 得点が欲しい日本は、後半12分に三笘と浅野を投入。長友と前田が退いた。

 さらに同26分には堂安が交代出場。その4分後、三笘がドリブルで左サイドを崩し、中央でこぼれた球を堂安が蹴り込んだ。日本が1―1の同点に追いついた。

 日本は後半38分、浅野が縦に走り込んでゴールを決めて、2-1と逆転。7分と表示された後半アディショナルタイムにドイツを猛攻を受けたが、粘りの守備で逃げ切った。

 国際Aマッチでの過去の対戦成績は、日本の1敗1分けだった。日本が、W杯で優勝経験国と対戦するのはこれが3度目で、初めての勝利をつかんだ。

 日本が過去に出場した6大会のうち、16強入りした2002年日韓大会、10年南アフリカ大会、18年ロシア大会は、いずれも初戦で勝ち点を獲得。初の8強入りを目指すチームの行方を占う重要な一戦になる。

 日本代表の先発は次の通り。

 ▽GK 権田修一(清水)▽DF 吉田麻也シャルケ)、板倉滉ボルシアMG)、酒井宏樹(浦和)、長友佑都FC東京)▽MF 田中碧(デュッセルドルフ)、遠藤航(シュツットガルト)、鎌田大地(Eフランクフルト)、伊東純也(Sランス)、久保建英(Rソシエダード)▽FW 前田大然(セルティック)

 ドイツは2014年ブラジル大会の優勝を経験したミュラーやノイアーらが先発に名を連ねた。

 日本はドイツ戦の後、27日午後1時(同27日午後7時)からコスタリカ、12月1日午後10時(同2日午前4時)からスペインと対戦する。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント