「奇跡だけど必然」 前半受け「いける」と話した日本選手の逆転劇

有料記事森保ジャパン

岩佐友
[PR]

 (23日、W杯1次リーグE組 日本2―1ドイツ)

 主将のDF吉田麻也やDF板倉滉が両手を動かしながら、落ち着くようにと味方に指示を送る。

 「このまま終わらせよう」

 1点をリードされた前半終了間際のことだった。日本はドイツの猛攻を受け、自陣に釘付けにされていた。

 追加時間にはネットを揺らされた。しかし、これはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)での判定の末、オフサイドで認められず。「あれがターニングポイントだった」と吉田は振り返る。

 耐えた日本と、とどめを刺せ…

この記事は有料記事です。残り770文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    島沢優子
    (ジャーナリスト・チームコンサルタント)
    2022年11月24日9時34分 投稿
    【視点】

    必然の奇跡をもう一度見せてほしい。 日本がボールゲームで世界に与えた衝撃という意味では、2015年のラグビーW杯で優勝候補南アフリカ戦を下したエディジャパンを凌ぐかも知れない。 森保ジャパンは選手のハードワークが素晴らしかった。その溢れ

サッカーワールドカップ

サッカーワールドカップ

日本代表の試合結果や海外の注目選手まで、ワールドカップのニュースや情報をお伝えします。[記事一覧へ]