「レモンの木の恩返し」畑の主が叶えた願い 壊滅被害で触れた優しさ

有料記事

椎木慎太郎
[PR]

 「過去最強クラス」と言われた台風14号が近づいていた。

 福岡県東部の山あいにある福智町でも、次第に雨と風が強まっていく。

 9月半ばのことだ。平野八十八(やそはち)さん(76)は台風に備えてレモン畑を見回り、切れていた麻ひもを結び直した。

 「人の命が無事ならいい」

 そう考えながら、台風が通り過ぎるのを待った。

 レモン畑は4年前、1人で始めた。

 200万円を投じて用意した、1千本のレモンの苗木と、肥料と農具。

 ブドウ農家の知人や苗木屋から育て方を教わりながら、こつこつと苗木を植え続けた。

 カミキリムシの幼虫に根を食い尽くされたこともあれば、レモンが病気にかかって葉がねじれだしたこともあった。

 たくさんの苦難も、試行錯誤を重ねながら乗り越えてきた。

 こまめに草を刈り、肥料をやると、レモンの表情も変わってくる。

 一本一本が自分の子どものようにかわいらしかった。大きい木は、大人の背丈ほどに育っていた。

 台風の通過後、自宅から200メートルほど離れたレモン畑を見にいった。

 言葉を失った。

 見渡す限りほとんどすべてのレモンの木がなぎ倒され、根がむき出しになっていた。

 我が子を失ったような気持ちだった。

 「がっかりするね」

 思わず、そうこぼした。

 一緒に畑を訪れていた「ジャンボ君」は、そんな平野さんの姿を見るのがつらくて、耐えられなかった。

 平野さんの自宅の近くに住む…

この記事は有料記事です。残り1097文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント