学校の健康診断中、女子中高校生14人を盗撮容疑 34歳医師を逮捕

[PR]

 医師として派遣された学校の健康診断で、上半身裸の女子中高校生らを盗撮したとして、大阪府警は24日、兵庫県西宮市上鳴尾町の医師、佐藤博和容疑者(34)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで逮捕し、発表した。「医師という立場を利用して盗撮していた」と容疑を認めているという。

 生活安全特別捜査隊によると、逮捕容疑は3~4月、大阪府内と兵庫県内の中学校と高校計2校で、健康診断のため上半身の衣服を脱いだ女子中高校生計14人を携帯電話などで動画撮影したというもの。

 佐藤容疑者は6月、女性の下着を盗撮したとして、府迷惑防止条例違反容疑で府警に逮捕された。押収した佐藤容疑者の数台の携帯電話やSDカードなどから、複数の学校で撮影したとみられる女子生徒らの動画が見つかったという。同隊は佐藤容疑者が他校でも盗撮していたとみている。