JR東日本、地方路線66区間で赤字 収支改善も厳しい経営続く

有料記事

小川崇
[PR]

 JR東日本は24日、利用客が減っている地方路線の2021年度の収支を公表した。7月に初めて公表した前年度の収支と同様に、1日1キロあたりの平均利用者数(輸送密度)が2千人未満の35路線66区間すべてで赤字だった。赤字総額は679億円で前年度より約30億円改善されたものの、引き続き厳しい状況が続いているという。

 公表の対象は、新型コロナの影響が本格化する前だった19年度の輸送密度が2千人未満の区間。約707億円の赤字だった20年度と比べて利用状況はほぼ横ばいだったが、経費節減で収支を改善したという。

 営業費用に対して運輸収入が…

この記事は有料記事です。残り240文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。