初タイトルの阪神・湯浅、「強さ」は高校時代から 来季守護神は…

有料記事阪神タイガース

大坂尚子
[PR]

 試合を重ねるたびに、顔つきがりりしくなっていった。

 今や阪神タイガースに欠かせない存在となった、湯浅京己(23)のことだ。

 昨季までの3シーズンで1軍登板はわずか3試合。それが今季は59試合に登板して2勝3敗、防御率1・09。45ホールドポイント(43ホールド)をマークし、最優秀中継ぎのタイトルを獲得した。

 特に注目したい数字が被本塁打数だ。

 58イニングを投げて、わずかに「1」本。

 これは驚異的な数字だ。

 たとえば新人王を争いをした巨人の大勢は、57イニングで7本を浴びている。

 湯浅は7月1日、バンテリンドームナゴヤであった中日戦の八回、アリエル・マルティネスに高めに浮いた146キロを2ランにされた。

 これが今季唯一の被本塁打になるわけだが、湯浅はこのままで終わらせなかった。

 翌日、今度はそのキューバ出身の右打者を152キロで空振り三振に打ち取った。

 「やり返そうと。打たれた内角高めで打ち取りたかったのもあった」

 やられたらやり返す。湯浅には、そんな気持ちの強さがある。

 それはプロ入り前に培われた。

 三重県尾鷲市から福島・聖光学院高に進んだが、入学直後から腰痛に悩まされ、1年半近く野球ができなかった。

 親友の仁平勇汰さんに「俺も…

この記事は有料記事です。残り1378文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    稲崎航一
    (朝日新聞編集委員=スポーツ、野球)
    2022年11月25日19時38分 投稿
    【視点】

    ■新人王は逃したけれど 注目された新人王争いは、巨人の大勢投手に軍配が上がりました。 大勢が209票に対し、湯浅は74票。思ったより大差がついたなという印象です。 大勢が大卒1年目のルーキーだったことに対して、湯浅は入団4年目