自衛隊基地予定地に3万年前の石器か 鹿児島県の馬毛島

有料記事

具志堅直
[PR]

 鹿児島県西之表市教育委員会は24日、米軍機訓練移転と自衛隊基地建設が計画されている馬毛島で、3万3千~3万年前の石器とみられる数点の遺物が見つかったと発表した。場所は駐機場や滑走路などが整備される区域。市教委は「埋蔵文化財包蔵地」の可能性が高いとみて、県教委に通知する。

 市教委は10月11日に島内…

この記事は有料記事です。残り207文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。