東京駅から晴海、豊洲、有明へ 「臨海地下鉄」東京都が計画案

有料記事

[PR]

 東京都が、都心と臨海部を結ぶ地下鉄の新路線を建設する事業計画案をまとめたことが24日分かった。新路線は、東京駅と、市場跡地が再開発される築地や五輪選手村がマンション群となった晴海などを結ぶ計画。2040年代の開業をめざす。事業費は現時点で約5千億円を見込んでいる。25日に小池百合子知事が発表する。

 関係者によると、新路線の総延長は約6キロで、約1キロごとに駅を設ける。駅は「東京」「新銀座」「新築地」「勝どき」「晴海」「豊洲市場」「有明・東京ビッグサイト」(いずれも仮称)の7カ所を想定している。また、JR東日本が手がける羽田空港と都心をつなぐ「羽田空港アクセス線」との接続も検討している。

 晴海のマンション群は今後…

この記事は有料記事です。残り472文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。