スイスGKゾマー、派手さはなくても 冷静に手繰り寄せた無失点勝利

[PR]

(24日、W杯1次リーグG組 スイス1-0カメルーン)

 スイスのGKゾマーがさすがの働きで、無失点勝利を手繰り寄せた。「難しい初戦を勝てたのはよかった」と語った。

 前半10分、スルーパスで最終ラインを相手FWに破られた。至近距離のシュートをはじくと、すぐに体勢を戻してこぼれ球の方向へ構え直した。すきのない姿勢で圧力をかけてコースを狭めると、詰めた相手は結果的にシュートをふかした。4分後の1対1のピンチも冷静。戻ってきた味方が滑り込むのを見越して、むやみに動かずシュートを打たれるタイミングを見極めた。左の足元に来た球を、落ち着いて止めた。

 一見、派手さはない。的確かつ細かく動き直す位置取りを生命線に、名手の地位を築きあげた。昨年の欧州選手権ではエムバペのPKを止めてフランスを破るなど、数々の好セーブで8強入りの原動力になった。身長183センチ。世界でも決して大柄ではない33歳は、3度目のW杯でもクールにゴールを守る。

サッカーワールドカップ

サッカーワールドカップ

日本代表の試合結果や海外の注目選手まで、ワールドカップのニュースや情報をお伝えします。[記事一覧へ]