• アピタル

塩野義製薬、新型コロナワクチンを承認申請 国内企業では初めて

有料記事

田中奏子
[PR]

 塩野義製薬は24日、開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省に製造販売の承認を申請したと発表した。国内の製薬会社が開発したワクチンの承認申請は初めて。ワクチンは従来型のウイルス向け。同社は、オミクロンなど変異株向けのワクチンの実用化を急ぐ。

 塩野義が申請したワクチンは、20歳以上の1、2回目接種と、3回目の追加接種用。1、2回目接種を想定した同社の臨床試験(治験)では、英アストラゼネカのワクチンよりもウイルスの働きを抑える血液中の抗体量の値が「有意に高いと解釈される」結果だった。追加接種を想定した治験では、抗体量の値が米ファイザーと同水準だった。

 塩野義のワクチンは、「組み換えたんぱくワクチン」というタイプで、B型肝炎ワクチンなどで実用化されている。日本で広く使われているファイザーや米モデルナの「m(メッセンジャー)RNAワクチン」と仕組みが異なる。

 塩野義は、治験の結果、ワク…

この記事は有料記事です。残り362文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。