海外からは「周回遅れ」 塩野義コロナワクチンの実力は?

有料記事

田中奏子
[PR]

 塩野義製薬が24日、開発を進めてきた新型コロナウイルスのワクチンを国に承認申請した。申請にこぎ着けたのは国内企業として初めて。海外製からは「周回遅れ」だが、一体どんなワクチンなのか。

 塩野義が同日開いた説明会で、上原健城・医薬開発本部長は「既存薬と比較し、一定の期待できる効果が確認できた」と述べた。

 今年1月に始めた最終の臨床試験(治験)は、英アストラゼネカのワクチンと比較した。

 被験者を2班に分け、塩野義…

この記事は有料記事です。残り1271文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。