静岡県警の警官を逮捕、妻に対する傷害容疑 「夫に殴られた」と通報

[PR]

 妻を殴ってけがをさせたとして、静岡県警は24日、県中部の署の地域課に勤務する巡査長の男(28)=静岡市=を傷害容疑で緊急逮捕し、発表した。県警は「被害者保護のため」として、巡査長の氏名を公表していない。県警によると、巡査長は容疑を認めているという。

 県警監察課の発表によると、巡査長は24日午後5時ごろ、静岡市内の自宅で20代の妻に対し、顔を殴るなどしてけがをさせた疑いがある。妻が「夫に殴られた」と110番通報した。巡査長はこの日、休暇中だったという。

 県警の水嶋春彦・警務部参事官兼首席監察官は「警察職員が、このような事案を起こしたことは誠に遺憾であります。事実関係を調査の上、厳正に対処してまいります」とのコメントを出した。