「一人だった」20歳の母は手を上げた 生後間もない娘は寝たきりに

有料記事

甲斐江里子
[PR]

 あの夜、20歳の母親は生まれたばかりの長女の頭を殴り、ベッドごと蹴り飛ばした。すぐそばで1歳の長男も泣き叫んでいた。

 「やるせなさを感じ、イライラした」

 長女は将来にわたって、歩くことも、話すことも難しい障害を負った。母親を暴力に走らせたものは何だったのか。

 8月3日、大阪地裁で開かれた初公判。被告は前面にキャラクターが大きく入ったTシャツ姿で法廷に現れた。

 幼さの残る顔立ち。金色に染めた腰までの長い髪は、伸びた根元が5センチほど黒くなっていた。

 被告は今年4月19日午後11時~20日午前0時ごろ、大阪市福島区の自宅マンションで、ベビーベッドに仰向けで寝ていた当時生後約20日の長女の頭を平手で殴った上に、ベッドを足で蹴って家具にぶつけ、頭部骨折や脳挫傷などのけがを負わせたとして、傷害の罪に問われた。

 長女の今後について、医師は「将来寝たきりになるなど重度の後遺症が残るだろう」と診断。脳の8割がダメージを受けており、運動機能や知的機能に著しく影響が出るとした。

 裁判官から、起訴状の内容に間違いがないかと問われると、被告は小さな声で「はい」と答えた。

「相談できる人は」との問いかけに

 公判でのやりとりから、事件までの経緯をたどる。

 被告は当時、マンションで夫(23)と長男、長女との4人で暮らしていた。

 弁護人「子育ては誰がしていましたか」

 被告「夫に頼んでもやりたがらず、ほとんど1人でやっていました」

 被告は夫から暴力を受けていた。

 被告「パチンコで負けてきたときとか、思い通りにいかないとき、頭をグーで殴られたり、足で踏まれたりしていました」

 弁護人「夫は長男にも暴力をふるっていましたか」

 被告「はい」

 弁護人「止めに入ったことは」

 被告「止めに入ったりしてたけど、自分も暴行されるのが怖かったです」

 弁護人「あなたは、今回以外に子どもに暴力をふるったことはありますか」

 被告「ないです」

 弁護人「夫は浮気もしていましたね」

 被告「はい」

 弁護人「育児を1人でしていて、相談できる人はいましたか」

 被告「役所と警察には相談していたけど、過去に(自分が)施設に入っていたこともあり、信用できず、一人で抱え込んでいました」

夜中に響く幼子2人の泣き声、起きてこない夫

 周囲に頼れる人がいないなか、その日を迎える。

 事件当日、被告は家族全員で…

この記事は有料記事です。残り2263文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
きょうも傍聴席にいます。

きょうも傍聴席にいます。

事件は世相を映します。傍聴席から「今」を見つめます。2017年9月~20年11月に配信された30本を収録した単行本「ひとりぼっちが怖かった」(幻冬舎)が刊行されました。[記事一覧へ]