「生活保護おじさん」って何者? 芸人キャラで動画投稿続ける覚悟

有料記事

編集委員・清川卓史
[PR]

 「今月家賃が払えない感じでやばいって相談、めっちゃ多いんだけど……まず深呼吸」

 動画アプリ「TikTok(ティックトック)」に投稿された動画で、スキンヘッドの「生活保護おじさん」が熱く語りかける。

 カードローンなどの借り入れでしのぐのではなく、できるだけ公的な支援を使おう。そう呼びかけた後、住居確保給付金など「助かる制度」があるから相談してみて、と伝える。

 1分を切るコンパクトな動画ながら、字幕やイラスト、効果音をフル活用しつつ、制度のエッセンスを解説していく。

 「生活保護おじさん」が動画投稿を始めたのは今年8月のことだ。これまでに15本の動画をアップした(11月25日時点)。インスタグラムツイッターといったSNSでも配信している。

 「生活保護 必ず家族に連絡されるの? 止める方法は?」

 「お金ないけど法律トラブル 『法テラス』って使えるの?」

 「社協からの特例貸し付け 返済苦しい。何とかならない?」

 動画のテーマは、生活に困窮した人が直面する課題が並ぶ。

 「生活保護おじさん」を名乗…

この記事は有料記事です。残り1019文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント