生地から作る生八ッ橋、住宅街で体験 修学旅行生も「ただ今修行中」

有料記事

北村有樹子
[PR]

 桂川が流れる京都市右京区の静かな住宅地に、大型のバスが相次いでやってくる施設がある。

 取材で訪れた10月末、「ただ今修行中」と書かれたエプロンを着けた若者たちが、3階の大部屋でせっせと作業をしていた。

 なにかの粉に水を入れて黙々とへらで混ぜては、せいろに流し込む。数分後にふたを一斉に開けると、「わーっ」。歓声とともに室内が蒸気に包まれた。

 あつあつの生地を正方形に整えて、あんこを入れて折りたたむと、見覚えのあるものに――。

 ここは「八つ橋庵(あん)とししゅうやかた」。さまざまな文化体験ができる観光施設だ。

 若者たちは修学旅行で訪れた北海道当別(とうべつ)高校の2年生。作っていたのは、生八ッ橋。生地から手作りしていた。教員の一人が京都で学生時代を過ごし、八ッ橋づくりを楽しんだことから、修学旅行のメニューに組み込んだという。

 高田紗綾(さあや)さん(17)は八ッ橋を食べるのも、今回が初めて。「修学旅行で一番楽しみにしていました。お土産で買うだけでなく、自分で作れて良い思い出になりました」と喜んだ。

八ッ橋作り、近場の利用者も

 記者は右京区出身。八ッ橋は当然食べたことはあるが、作ったことはなかった。挑戦してみた。

読者プレゼント

つぶあん入り生八ッ橋とせんべいタイプの八ッ橋のセットを5人にお贈りします。応募方法など詳細は記事の末尾に。ふるってご応募ください。

 米粉ともち粉、砂糖、水を混…

この記事は有料記事です。残り1176文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント