あのルフィのように… クライマー楢崎明智が追う、兄の背中と理想像

有料記事

吉永岳央
[PR]

 画面越しに見た兄の足が震えていたのを覚えている。

 2021年夏、東京五輪の記憶を苦笑混じりに振り返るのは、スポーツクライミングの23歳、楢崎明智(TEAM au)だ。

 見つめたテレビの向こうで、日本男子のエースである兄、智亜(26=TEAM au)が五輪決勝の壁に挑んでいた。

 「ボルダリングの第1課題。『ミシンを踏む』って言うんですけどね、ホールド(壁に取り付けられた突起物)を踏む足がめっちゃ震えていたんです。ああ、緊張しているなって。いつものパフォーマンスとは全然違ったので、心配しながら見ていました」

 あの日、智亜は圧倒的な金メダル候補だった。だが、大舞台の雰囲気にのまれたのか本来の力を発揮できず、まさかの4位に沈んだ。

 「試合が終わった後、『ダメ…

この記事は有料記事です。残り1382文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント