リクルート勤務プロボクサーの営業術 リングネーム「炎村」の意味は

有料記事

伊藤雅哉
[PR]

 リクルート勤務の営業マンで、プロボクシングの日本王者に近づいている27歳がいる。

 東京・三迫ジム所属の藤田炎村(ほむら)。

 ここ2試合は格上の選手を破り、スーパーライト級(約63・5キロ以下)の日本ランキング4位まで浮上してきた。

 藤田は同社の不動産情報サイト「SUUMO(スーモ)」の営業をしている。

 夕方からジムで練習し、さらに練習後に仕事をする日もある。

 プロボクサーとしての活動にも、ビジネスマンのノウハウが存分に生かされている。

 国内のプロボクサーは、試合のチケットを自分で売るという慣習がある。

 これこそ藤田の得意分野だ。

 一人で売った1試合の最高枚数は300枚弱で、国内の選手でトップクラスの数字だ。

 藤田はチケット購入者に、必ず3点を伝えるという。

 ①日本のプロボクシング界の構造。約千人のプロボクサーがいること

 ②その中で自分の立ち位置はどこで、この試合に勝ったらどうなるかの説明

 ③相手選手の情報

 この3点に加え、SNSでは「1万円の席からならリングがこう見える」などの情報を画像つきで紹介する。自己紹介のチラシや資料も準備している。

 「これらは、自分がお客さんとしてチケットを買う立場になったときに、当たり前に欲しい情報です。常日頃から、見る人の立場になるというのは、仕事では当たり前のことなので」

 もう一つ、「炎村」というリ…

この記事は有料記事です。残り899文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント