日本生命、マイナンバーカード使って保険金の請求促す 12月から

有料記事

吉田貴司
[PR]

 日本生命保険は12月から、マイナンバーカードの情報を使って死亡保険金の請求を勧めるサービスをはじめる。保険の契約者が死亡してマイナンバーカードの情報が失効したことを把握したら受取人に知らせる。同社によると、マイナンバーカードの情報から保険金の請求を促すサービスを取り入れるのは生保業界では初めてという。

 日本生命の死亡保険契約者で、スマートフォンアプリにマイナンバーカード情報を登録している約5万人のうち、60歳以上の契約者ら約1万人が対象となる。日本生命は年1回、野村総合研究所が提供する確認サービスを通じて、契約者のマイナンバーカードの失効の有無を確認する。失効していれば、行政機関への照会などで契約者の安否を確認し、保険金の受取人に請求手続きを促す。

 日本生命では、このような死…

この記事は有料記事です。残り230文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
富はどこへ 異次元緩和10年 5つのなぜ

富はどこへ 異次元緩和10年 5つのなぜ

金融緩和とは結局、何だったのか。分かりやすいイラストや専門記者の解説で探るとともに、私たちの暮らしへの影響を検証します。[記事一覧へ]