「談合の認識ゼロ」反論する落札企業 五輪「調整しないと回らない」

有料記事

[PR]

 東京五輪パラリンピックのテスト大会の業務をめぐり、東京地検特捜部公正取引委員会は25日、広告最大手「電通」など2社を合同で家宅捜索した。特捜部などは2社以外にも談合に関わった企業があるとみるが、入札に参加した企業からは「正当な調整だ」との反論が相次いだ。

 テスト大会の計画立案業務を落札した9社のうち4社は、朝日新聞の取材に「(談合は)事実ではない」などと回答。25日に捜索を受けたイベント制作会社のセレスポは「適正な手続きで受注した」と答えた。このほか、電通は「全容解明に向けて調査に全面協力する」とした。

 組織委元幹部によると、スポーツイベントの運営は「特殊」で、「競技ごとにすみ分けがある程度できている」という。

 9社の中で落札件数や金額が…

この記事は有料記事です。残り587文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント