騎馬隊が住宅街をパトロールする京都の朝 祭りで重要ミッションも

有料記事

紙谷あかり
[PR]

 京都の朝の住宅街には、思わず二度見してしまう風景がある。

 馬のパトロールだ。

 ポクポクと軽やかにひづめの音を響かせる、大きな栗毛のサラブレッド。高さ2・5メートルほどから見下ろす警察官を乗せている。

 11月中旬の午前8時前、彼らは京都市左京区の上高野交番に着くと、大通りの前で登校する児童らを見守り、警察官が「気をつけてね」と声をかけていた。

 道路交通法上、馬は公道では軽車両として扱われるが、記者は見慣れない光景に目を丸くした。

 だが、子どもたちは慣れた様子。「おはようございます!」と馬の方へあいさつして、ランドセルを揺らして駆けていく。自動車の運転手らも、せいぜい「ちら見」するだけ。

 横断歩道のそばで旗を持って立っていた保護者(50)は「朝の風景の一部です」と教えてくれた。

 馬は京都府警地域課に所属している。平安京への遷都から1200年を記念して1994年に創設された「平安騎馬隊」で働いている「小倉(おぐら)号」(オス、19歳)。金色のたてがみが特徴だ。

実は「転職組」、デビューまでの経歴は

 騎馬隊を持つ警察は、京都府

この記事は有料記事です。残り1768文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント