ベイエリアに新線、有楽町・南北線も延伸進行 東京都心の地下鉄計画

有料記事

土舘聡一
[PR]

 東京都小池百合子知事は25日、東京駅から晴海や豊洲などの臨海部に新たに通す「臨海地下鉄」の事業計画案を発表し、旧五輪選手村マンション群などがある沿線の利便性を高め、日本の成長を牽引(けんいん)するエリアとしたい考えを示した。都内では他に地下鉄2路線の延伸計画が進んでいる。

 同日の定例記者会見で知事は「臨海部は大規模開発が進み、世界から人と投資を呼び込むポテンシャルがある。ベイエリアの鉄道網を充実させ、東京を持続可能な都市にする上で重要」と計画の狙いを語った。

 今後、都が最終計画をまとめ…

この記事は有料記事です。残り675文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント