果たせなかった「訴訟の目的」 赤木雅子さんが問いかけた司法の役割

有料記事

松浦祥子 堀之内健史 森下裕介
[PR]

 賠償責任を負うのは国であり、公務員個人ではない――。公文書改ざんを強いられ、自死した近畿財務局職員の赤木俊夫さん(当時54)の妻雅子さん(51)が起こした訴訟で、原告側は最高裁判例を乗り越えようと主張したが、25日の大阪地裁判決で退けられた。

 財務省の調査報告書は、元理財局長の佐川宣寿氏が「(公文書改ざんの)方向性を決定づけた」と認定。原告側は、佐川氏に賠償を命じることが、公文書改ざんという悪質な行為の抑止につながると主張した。

 だが、判決は、日本の損害賠…

この記事は有料記事です。残り1095文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    豊秀一
    (朝日新聞編集委員=憲法、司法)
    2022年11月26日10時53分 投稿
    【視点】

    「裁判所って何のためにあるのか」。判決後、赤木雅子さんはそう語ったいいます。司法の存在意義を根本から問いかける言葉です。  挫折で終わったと評されることの多い20年近く前の司法制度改革ですが、改革の道筋を示した司法制度改革審議会の意見書は