イラン代表、W杯2戦目は国歌斉唱 拒絶した初戦から一転、何が……

有料記事

ドーハ=飯島健太
[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は25日、1次リーグB組の第2戦があり、イラン代表の選手たちはウェールズ戦の試合前、国歌を歌った。国歌斉唱を拒絶した21日のイングランド戦とは一変した姿に、イランでは落胆する声も出ている。

 イランは後半の追加時間に立て続けにゴールを決め、ウェールズを2―0で下した。今大会で初勝利となり、1勝1敗とした。

 ただ、イランでは22歳の女性が髪を隠す布「ヒジャブ(ヘジャブ)」の着用をめぐって逮捕された後に急死した事件を受け、2カ月以上、反政府デモが続く。治安部隊による弾圧で死傷者が膨らむ中、W杯にも影響を及ぼしてきた。

 こうした中、イラン代表の選…

この記事は有料記事です。残り383文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    パトリック・ハーラン
    (お笑い芸人・タレント)
    2022年11月26日18時17分 投稿
    【視点】

     イギリスのメディアによると、会場でブーイングを行ったのはイランから駆け付けたファンだけではなく、ウェールズのファンもいたという。これに強い違和感を覚える。 同時に、板挟み状態のイラン代表メンバーに強い同情をも感じる。誰のために戦っている