山口組2次団体のトップら3人逮捕 抗争相手の組長宅に放火容疑

有料記事

[PR]

 特定抗争指定暴力団「神戸山口組」系組長宅を燃やそうとしたとして、福岡県警は26日、神戸山口組と抗争状態にある特定抗争指定暴力団「6代目山口組」の2次団体トップら3人を現住建造物等放火未遂などの疑いで逮捕し、発表した。県警は認否を明らかにしていない。

 逮捕されたのは、2次団体会長の一ノ宮敏哲(77)=福岡市博多区=、幹部の今村健二(58)=福岡県那珂川市=、組員の木村幸也(51)=福岡市博多区=の3容疑者。

 3人は8月31日午前1時40分ごろ、福岡県古賀市中央3丁目の神戸山口組系組長宅の玄関前にとめてあった乗用車に火を放ち、家屋に燃え移らせ、焼損しようとした疑いがある。

 県警は、付近の防犯カメラの…

この記事は有料記事です。残り140文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント