台湾統一地方選、中国の視線は 懸念は蔡英文民進党の「負けすぎ」か

有料記事

北京=林望
[PR]

 台湾の統一地方選が26日に投開票される。台湾統一を悲願と掲げる中国の習近平(シーチンピン)指導部は、選挙をどう見ているのか。

 今回の台湾統一地方選で、中国政府は目立った動きや発信を控え、静観してきた。地方選の焦点が中台問題より経済や暮らしなどに傾くことを承知しており、結果に一喜一憂する状況にはない。中台関係筋は「政権内では民進党、国民党の浮沈に左右されずに自身の政策を進め、両岸問題の主導権を握るとの方針が確認されている」と話す。

 習近平(シーチンピン)国家…

この記事は有料記事です。残り295文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント