松本伊代さんが腰椎骨折 TBSのバラエティー番組収録で落とし穴に

[PR]

 TBSは26日、バラエティー番組の収録中に、歌手でタレントの松本伊代さん(57)が落とし穴に落ちて腰椎(ようつい)を圧迫骨折したと発表した。治療に3カ月程度かかる見込みという。

 TBSによると、松本さんは24日、金曜放送の「オオカミ少年」の収録にゲストとして参加。クイズで不正解だと落とし穴に落ちる企画「ソクオチ」で約1・5メートル下のクッション上に落下し、腰を痛めたという。

 「ソクオチ」は過去にも2回収録しており、今回もウレタンを高さ1・2メートルほど敷き詰めてクッションにし、事前にシミュレーションを繰り返していたという。TBSは「安全対策に努めておりましたが、このような結果となり、大変申し訳なく思っております。番組制作に際しての安全管理をさらに徹底してまいります」としている。

 松本さんもTBSを通じて「ご心配をおかけして申し訳ございません。今は治療に専念し、早く元気になれるように頑張ります」とのコメントを出した。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント