「二刀流」期待の矢沢選手「新人王を」 日本ハム新入団選手が会見

有料記事

畑中謙一郎
[PR]

 プロ野球北海道日本ハムの新人選手の入団発表が26日、札幌市内のホテルであり、育成枠の4人を含む9選手が真新しいユニホーム姿を披露した。大谷翔平選手(エンゼルス)に続く「二刀流」として注目されるドラフト1位の矢沢宏太選手(日体大)らが夢舞台への抱負を語った。

 矢沢選手の背番号は「12」に決まった。首位打者に輝いた松本剛選手が今季までつけていた番号だ。「投げる、バットを振る、走る。そのスピード感が僕のアピールポイント。開幕スタメンで新人王を取りたい」と力強く宣言。大渕隆スカウト部長は「今までのプロ野球にはない起用もできる」と期待を込めた。

 4位指名の安西叶翔(かなと)投手(静岡・常葉大菊川高)は186センチのサイドスローだ。「他に類を見ない腕の角度からの直球、多彩な変化球を低めに集めて打ち取ります」とアピールした。

 育成3位の山口アタル外野手…

この記事は有料記事です。残り229文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント