オーストラリア、1-0でチュニジア破る J2岡山のデュークが得点

[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は26日、1次リーグD組の第2戦があり、5大会連続出場の豪州(世界ランキング38位)が2大会連続出場のチュニジア(同30位)を1―0で下した。豪州は今大会初勝利で1勝1敗、チュニジアは1敗1分け。

 豪州は前半23分、左サイドからのクロスが相手DFにあたって軌道がそれた球を、J2ファジアーノ岡山に所属するFWデュークが頭で合わせて先制。後半はチュニジアに攻め込まれ、終盤も猛攻を受けたが、なんとか無失点でしのいだ。

 豪州は4大会ぶりの決勝トーナメント進出に向けて大きな勝ち点3をつかんだ。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント