高安の「目」が語る経験と自信 初優勝、今度こそいけそうな気がする

松本龍三郎
[PR]

 初優勝は、もう目の前にある。無冠の大関経験者、高安が賜杯(しはい)レースのトップを守ったまま、千秋楽へ向かう。

 単独首位で土俵に上がった14日目。優勝の可能性を残していた輝が相手だった。

 立ち合い、今場所さえわたる右かちあげを繰り出した。いったん土俵際まで押し込みながら、粘る相手に引いてしまい、ピンチを招いた。回り込むようにして後退。前のめりになった輝をなんとかはたき込んだ。

 決して褒められた内容ではない。それでも白星は重ねた。

 「ちょっと引く場面はあったが、そこは修正したい」。取組後は冷静に自身の動きを見つめ直し、反省点にも触れていた。

 リモート取材の終わり際、その表情が印象的だ。「頑張ります。ありがとうございました」と最後の言葉を発し、頭をぺこりと下げた後、カメラにぐっと視線を送ってから立ち去った。

 決定戦で屈した春場所、千秋楽まで食らい付いた秋場所。この2場所は終盤では目に力強さがなく、不安を押し殺しているようだった。

 今年3度目となる優勝争い。培ってきた経験がある。今はたくましさ、落ち着きを感じさせる。

 千秋楽は1差の阿炎との対戦が組まれた。敗れれば、優勝決定戦にまわる。本割一発で、決めきりたい。(松本龍三郎)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント