プーチン氏、死亡兵の母に「交通事故死も3万人」「人はいつか死ぬ」

有料記事

[PR]

 ロシアのプーチン大統領は25日、ロシアで母の日にあたる27日を前に、ウクライナ侵攻に派兵された兵士の母たちとの会合に参加した。動員をめぐる不手際への批判が強まるなか、政府の改善策をアピールする必要に迫られた格好だ。プーチン氏は一方で「交通事故で毎年3万人が死亡する」「人はいつかは死ぬ」などと述べて戦死を美化。戦争協力を促した。

 ロシアでは毎年、11月最後の日曜日が母の日となる。プーチン氏と17人の兵士の母たちとの懇談の模様は、テレビでも放映された。

 プーチン氏は懇談の冒頭、侵攻による戦死者について、「私個人と国のすべての指導層が痛みを分かち合っていると知ってほしい」と語りかけ、テレビやインターネットには偽情報が多いとして、「信じてはならない」と訴えた。

 SNSで動員兵の悲惨な実態の告発や、軍への不満が投稿されていることが念頭にあるとみられる。

 「人はいつか死ぬ」という発言が出たのは、ウクライナ東部ルハンスク州の親ロシア派支配地域に住む女性が、息子を亡くしたと話したときだ。

 プーチン氏は「(ロシアでは…

この記事は有料記事です。残り789文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    佐藤優
    (作家・元外務省主任分析官)
    2022年11月29日10時7分 投稿
    【視点】

     プーチン大統領の「(ロシアでは年に)交通事故で約3万人が死亡し、アルコールが原因の死亡も同数だ。私たちはいつか死ぬ。それは避けられない」と前置きし、「問題はどう生きたかだ。あなたの息子は目的を達した。彼の人生は無駄ではなかった」という発言