金正恩氏と娘の写真、再び配信 ICBMの試射成功記念、兵士らと

有料記事

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 北朝鮮朝鮮中央通信は27日、朝鮮労働党金正恩(キムジョンウン)総書記が、18日に行われた大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」の試射の成功に貢献した兵士や国防科学研究機関の科学者らと記念写真を撮ったと伝えた。日時は不明。

 同通信は、正恩氏が「尊い子どもと共に撮影現場に姿を現した」として、18日の試射の現地指導に続いて、娘と写る写真も配信した。娘の名前は明らかにしていないが、第2子のキム・ジュエさんとみられる。

 韓国・北韓大学院大の梁茂進(ヤンムジン)総長は、正恩氏が娘を同行させた狙いについて「火星17が未来世代の安全も守るものと印象づけるため」とみる。ただ、同通信の記事に娘を偶像化する表現はなく、北朝鮮関係筋は後継者について「公表されていない長男とみられる第1子が有力」とみる。

 同通信によると、正恩氏は火…

この記事は有料記事です。残り439文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント