都立高の合否判定にも、初の英語スピーキングテストを7万人超が受験

有料記事

堀川勝元 滝沢貴大
[PR]

 東京都内の中学3年生が受験する英語スピーキングテストが27日午後にあった。申し込んだのは約7万6千人。「話す力」をみるほか、来春の都立高校入試の合否判定にも用いられる。都教育委員会が民間企業と組んだ全国初のテストで、円滑に試験が実施できるか注目されている。

 スピーキングテストは、都教育委員会が通信教育大手ベネッセコーポレーションに運営を委託する形で初めて実施された。「話す力」の育成を重視した現行の学習指導要領の導入を受けたもので、受験生はイヤホンで音声を聞きながら、手元のタブレット端末に解答を吹き込む。解答時間は約15分間とされている。

 都内に約200カ所設けられた会場の一つの最寄り駅、小田急和泉多摩川駅狛江市)では、正午前後から制服姿の中学生の集団が姿を見せた。都教委の実施要項によると、試験は全会場で午後1時スタート。生徒らはスマートフォンで会場までの行き方を確認したり、談笑したりしながら駅から徒歩約2分の会場に向かった。

 会場前では複数の係員が立ち「会場はこちらです」「受験票を忘れた人は申し出て下さい」などと呼びかけていた。稲城市立中学3年の女子生徒(15)は「英語が苦手なので自信がない。試験中に周りにたくさん人がいるので、声が聞こえてこないだろうか」と心配していた。

 JR荻窪駅(杉並区)の前でも、午前11時半ごろから中学生たちが姿を見せ始めた。駅から会場の高校までは徒歩5分ほど。生徒たちはスマホを見たり、印刷した地図を見たりしながら会場へ向かった。交差点には、矢印が書かれた紙を持った都教委の職員が立ち、生徒たちを誘導していた。

 会場となる高校は、杉並区内だけではなく他区の生徒の受験会場にもなった。品川区立中に通う女子生徒は、自宅から駅まで1時間弱かかったという。「慣れない場所で緊張するけど、全力を出せるよう頑張りたい」と意気込んでいた。

 実施要項によると、テストは同じ会場の生徒を前半と後半の2グループに分けて受けさせる形式で、前半の生徒も後半のグループが終了するまで会場内で待機することになっていた。テストは午後3時半終了とされていた。

生徒の感想「余裕だった」「1時間以上待たされて窮屈」

 狛江市内では午後3時50分…

この記事は有料記事です。残り746文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント