一瞬の隙が致命傷…これがW杯の怖さ 日本代表は用心深く展開したが

森保ジャパン

藤木健
[PR]

 (27日 W杯1次リーグE組 日本0-1コスタリカ)

 これが世界の厳しさだ。攻守のバランスを保ちながら試合を進めてきた日本が、一瞬のスキで沈んだ。

 後半36分。左サイドで球を奪えそうになった。そこで途中出場の三笘薫が一瞬、足を止めてしまった。「球際で負けていた。あれがなければ……」。そう言ったものの、後の祭りだった。

 そこからの展開で、最終ライン裏へ浮き球を送られた。伊藤洋輝吉田麻也がつなぎきれず、こぼれた球を守田英正がクリアしようとしたが、カットされる。最後はコスタリカのフジェルがシュート。GK権田修一がのばした手をはじき、ゴールネットが揺れた。

 「相手は勝ちに来る。その思惑を止めながら、攻めに出る」

 森保一監督は、選手たちにそう話していた。初戦で大敗したコスタリカを相手にしても、無理して攻めるようなことはしないというメッセージ。その姿勢は先発5人を入れ替えても、チームに浸透していた。球を保持する時間を長くしながら、慎重に事を運んだ。

 通る可能性の低い縦パスを入れ、相手の逆襲を食らうリスクは冒さなかった。じわり、じわりと左右、中へ外へと球を回し、スキをうかがった。相手ボールになっても、局面に応じて守り方を使い分けた。ひやりとする場面は少なかった。

 試合をコントロールしながら得点機を見いだして結果につなげる、はずだった。

 「失点の場面以外は思ったような感じ。選手は勝つ確率を上げる戦いをしてくれた。結果が、狙い通りではなかった」

 試合後の森保監督の言葉が全てだろう。プラン通りに進んでも、わずかなほころびが致命傷になる。W杯の怖さを、改めて思い知らされもした。

 ドイツ戦で得た自信とコスタリカ戦の教訓を胸に、12月1日(日本時間2日)のスペイン戦に決勝トーナメント進出をかける。「元々、3戦をトータルで考えて1次リーグを突破するつもりだった。我々の良さを出し、勝つための準備をしたい」。負けても下を向かず、森保監督は淡々と言葉をつないだ。藤木健

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント