自民・甘利氏、新神奈川20区からの立候補を示唆 区割り変更で

有料記事

足立優心 上嶋紀雄
[PR]

 自民党前幹事長の甘利明衆院議員が、新たな区割りで実施される次期衆院選では新神奈川20区から立候補することを示唆する発言をしていることがわかった。これまで立候補してきた現在の13区(大和市海老名市座間市綾瀬市)は区割り変更で新13区と新16区、新20区に分裂するため対応が注目されていた。

 関係者によると、26日に海老名市内で開かれた後援会の会合で、甘利氏は新たな区割りに触れ、新13区に加わる横浜市瀬谷区にはゆかりがない一方、新20区の相模原市南区中選挙区時代から関わりがあったという趣旨の話をして、新20区から立候補をめざす意向を示唆したという。

 甘利氏は中選挙区の時代に相模原市藤沢市、座間市などからなる旧神奈川3区から立候補し、複数回当選している。

 甘利氏は昨秋の衆院選で13…

この記事は有料記事です。残り239文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント