スペイン、「FW人材不足」に明るい材料 モラタが2試合連続ゴール

岩佐友
[PR]

 (27日 1次リーグE組 スペイン1―1ドイツ)

 敵陣に攻め込みながら、ゴールが奪えない。

 じれったいスペインの苦境を救ったのは途中出場のFWモラタだった。

 ピッチに入ってから8分後の後半17分、左サイド深くまで進入したDFアルバの低いクロスにタイミング良く走り込んだ。

 相手DFの前で、右足のアウトサイドを合わせる。ドイツの守護神ノイアーも止められない鮮やかなワンタッチシュートがネットを揺らした。

 スペインの最大の弱点と言っていいのがFWの人材不足だ。

 中盤ではバルセロナに所属するブスケツ、ペドリ、ガビのトリオが抜群の連係で細かくパスを回しながら、前へとボールを運ぶが、最後に決めきるタレントに乏しい。

 この日はアセンシオをトップに置いたが、決定的な仕事ができず。そこで頼りにされたのが30歳の切り札だった。「ベンチスタートでも、先発でプレーするのと同様にチームの勝利を求めてプレーするだけ」。得点以外にもDFの裏への飛び出しでチャンスに絡んだ。

 2010年南アフリカ大会で初優勝した時はシャビイニエスタの中盤に加え、前線には決定力に優れるビジャやフェルナンドトーレスがいた。

 今大会で2度目の栄冠を狙うなら、FWの奮起が欠かせない。ベンチスタートのモラタが2試合連続で得点を挙げたのは明るい材料だ。

 勝ち点を4に伸ばし、日本戦は引き分けでも1次リーグ突破が決まる。モラタは「とても難しいグループになることはわかっていた。日本のことを明日から十分に分析し、すべての力を注ぎたい」。スペインにとっては心強く、日本にとっては厄介なストライカーが波に乗ってきた。(岩佐友)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント