暴力団関係者らの個人情報、住基ネットで閲覧し漏洩容疑 杉並区職員

高嶋将之 山口啓太
[PR]

 住民基本台帳ネットワークシステム住基ネット)にログインして得た男性の個人情報を知人に漏洩(ろうえい)したとして、警視庁は、東京都杉並区職員の市川直央容疑者(32)を住民基本台帳法違反容疑で再逮捕し、28日発表した。市川容疑者は別の男女2人の個人情報についてもこの知人に不正に伝えたとして、今月5日に同容疑で逮捕されていた。

 捜査2課によると、市川容疑者は昨年6月上旬ごろ、釣り仲間で職業不詳の佐々木洋樹容疑者(34)=同じ容疑で再逮捕=から依頼を受け、杉並区役所内の端末を使って住基ネットにログインし、区外に住む男性の住所を閲覧して佐々木容疑者に伝えた疑いがある。同課は両容疑者の認否を明らかにしていない。

 市川容疑者は静脈認証で住基ネットにログインできる権限を持ち、2018年以降、東北や関西地方などを含む全国各地の二十数人の個人情報を業務目的以外で閲覧したとみられている。この中には、暴力団に関係する人や過去に警察に検挙されたことがある人が含まれていたという。(高嶋将之 山口啓太)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント