今も私を支える父の言葉 来日18年、先生として教えたいこと

有料記事

高絢実
[PR]

 外国人だからできない、ということはない。

 三重県鈴鹿市に住む日系ブラジル人の女性が、来春から高校の先生になる。大山ジェシカさん(28)。子どもたちに伝えたいのは、「できないことはない」ということ。

 根っこにあるのは、父親が口にした、ある言葉だ。

授業についていけない

 ブラジルで生まれた日系ブラジル人4世。10歳の時に来日した。工場勤務だった父親(56)の転職を機に、三重県に移った。

 当初はブラジル人学校に通った。「ブラジルで暮らしているような感じ」だった。

 困ったのはお金のこと。毎月数万円の授業料が家計を圧迫した。中学2年の3学期に、日本の公立中学に転校した。

 すると、言葉がわからず、周囲に溶け込めなくなった。自分のほうを見て笑っている生徒がいると、「何か自分のことを言っているのかな」と不安になった。

 日本語の授業もついていけない。学校から家に帰ると、一人で泣いた。

 それでも、別のクラスで1対1の授業を受けたり、インターネットの翻訳機能を使って友人と手紙を交換したり。少しずつ日本語を身につけた。

 派遣社員だった父親は、大山さんに言った。

片道2時間の高校「落ちたら働く」

 「俺みたいになったらアカン…

この記事は有料記事です。残り879文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント