グローバル人材獲得が不利に?輸出企業が円安を手放しで喜べない理由

有料記事

聞き手・土居新平
[PR]

 電子部品メーカーのアルプスアルパインは、売上高の8割ほどを海外で稼ぎ、そのうち約3分の2を自動車関連が占めます。円安が進むと円建て換算の利益が膨らみ、業績にとってプラスに働きます。しかし栗山年弘社長は急激な円安を心配しています。なぜでしょうか。自動車向けで力を入れる「安全」分野とあわせて、その思いを聞きました。

 ――急激に円安が進みました。日本経済に与える影響をどう見ていますか。

 「(円安が)輸出産業にとっては良いと言っても、日本産業全体でみると、いまは急激な円安が行き過ぎなのではないかという感じがします」

 ――売上高の8割ほどを海外で稼いでいますね。

 「輸出が多く、海外のビジネスが多いので、円安はどちらかというと業績にはプラスになります。しかし従来ほどプラス効果はありません。円安によって、コストも増えます。原材料の高騰もそうだし、海外の賃金はドルに連動しているので、人件費も増えています」

円安のマイナス面さらに

 ――手放しで喜べるようにな…

この記事は有料記事です。残り906文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
富はどこへ 異次元緩和10年 5つのなぜ

富はどこへ 異次元緩和10年 5つのなぜ

金融緩和とは結局、何だったのか。分かりやすいイラストや専門記者の解説で探るとともに、私たちの暮らしへの影響を検証します。[記事一覧へ]