そして「肉なしカレー」に 育ち盛りの子のため見切り品探す母の苦悩

有料記事

中井なつみ
[PR]

 長男が食べたがる牛肉は、1パック約400円から約700円に。次男が大好きなバナナは、128円から200円超に。毎日必要なトイレットペーパーは、298円から398円に――。

 大阪府内で、中学生と未就学児の2人の男の子を育てるシングルマザーの女性は、スーパーの陳列棚に並ぶ商品を前に、そっと商品を棚に戻すことが増えた。

 「この値段じゃ、買えない」

 一緒に買い物に行って、子どもたちが欲しそうにしていても、手が伸ばせない。何も手にせず、店を出る日もある。

「『もう食べるものがないよ』とは言えない」

 女性は、夫から金銭的な自由…

この記事は有料記事です。残り1183文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント