欠かさず毎朝「奉納」…それはラジオ体操 社殿にはラジカセまつられ

有料記事

三浦英之
【動画】盛岡市のちょっと変わった「神社」。その名も「体操神社」=三浦英之撮影
[PR]

 午前6時、気温1度。

 日の出前のまだ薄暗いなか、住民が白い息を吐きながら集まってくる。

 近くに住む主婦工藤光子さん(73)が、神社の一角にある小さな「社殿」の扉を開ける。中にまつられているのは、昔なつかしいラジカセだ。

 「さあ、みなさん、今日も元気よく、ラジオ体操を始めましょう!」

 午前6時半。

 ラジオからなじみの音楽が流れ始めると、社殿前には笑顔が広がり、参加者は思い思いに体を動かす。

 その名も「体操神社」。盛岡…

この記事は有料記事です。残り355文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント