高安がまたも逃した頂点 「準優勝」の悔しさ分かち合う妻は語った

有料記事

加藤秀彬
[PR]

 またしても、頂点には届かなかった。

 大相撲九州場所(11月13~27日)。高安千秋楽まで優勝争いに残ったのは今年3度目だった。今回は、初めて単独トップで15日目を迎えた。

 勝てば優勝が決まる本割。

 今場所、抜群の威力を発揮していた立ち合いのかちあげが効かなかった。

 阿炎の長い腕に押され続け、屈した。

 続く決定戦では、阿炎に横に動かれて土俵に突っ伏した。首を痛め、しばらく立ち上がることができなかった。

 取組後のインタビュー。高安は、自分に言い聞かせるように言葉を選び、淡々と語った。

 「まただめだったんですけど、今日力を出し切れなかったということは、まだまだ弱いということ。もう一回鍛えます」

 優勝を目指し続ける高安を、妻の杜(もり)このみさん(33)が支えている。

 高安が大関から転落した約半年後の2020年7月に結婚。苦しみながらも努力する姿を見てきた。

 結婚当初は、いつも稽古で家…

この記事は有料記事です。残り588文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント