首相、旧統一教会の被害者3人と面会「献金やDV被害、うかがった」

岸田政権

[PR]

 岸田文雄首相は28日の衆院予算委員会で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害者3人と約1時間半にわたって面会したことを明らかにした。首相は「献金などによる財産被害や周囲からの孤独、DV(家庭内暴力)被害など、凄惨(せいさん)なご経験を直接うかがった」と述べた。

 立憲民主党西村智奈美議員の質問に答えた。首相は被害者と面会したことは公表していたが、人数や具体的な内容は明らかにしていなかった。

 首相はこの日の審議で「こうした被害を生じさせず救済できるよう、政府として相談体制の充実、悪質な寄付の勧誘の規制など新たな法整備をしっかりと進めたい」と述べた。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]