教団との接点・車上運動員・「影武者」問題…秋葉復興相、深まる疑念

有料記事

安倍龍太郎
[PR]

 28日の衆院予算委員会は、秋葉賢也復興相に野党の質問が集中した。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との接点、車上運動員は適正に勤務していたのか、「影武者」は複数いたのか……。野党の追及に、秋葉氏は「覚えはない」「記録がない」との答弁を繰り返した。

 野党がまず矛先を向けたのは、秋葉氏が代表を務める自民党宮城県第二選挙区支部が2021、20年、旧統一教会の友好団体とみられる組織に各2万4千円を支出していたことだ。

 25日に公表された21年分の政治資金収支報告書には「世界平和連合宮城県連合会」に「会費」と記載があったが、秋葉氏の事務所は同日、「雑誌購読料」に訂正する意向を示した。20年分は「平和大使協議会」に「新聞購読料」を支出していた。

「大臣は会員なのか」と質問

 28日の委員会で、秋葉氏は21年分について教団関連の月刊誌「世界思想」の費用だと説明した。それに対して立憲民主党の源馬謙太郎氏は、月刊誌の価格は「1冊800円」だとして、年間額と一致しないと追及。秋葉氏は「雑誌の購読料としてお付き合いくださいということで支出した」と述べるだけで、具体的に説明しなかった。

 20年分は教団関連の月刊誌…

この記事は有料記事です。残り912文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]