第6回緩さ全開「金属バット」、M-1準決勝に追加出場 動画再生回数最多

土井恵里奈
[PR]

 金属バット、おかえりなさい――。

 M-1の準々決勝で敗れた2人が、11月30日の準決勝に進むことになった。

 GYAO!のサイトで同28日、発表された。

 準々決勝敗退者のなかから、視聴者投票で出場者を選ぶ「ワイルドカード」枠での進出。今年のM-1で、これまでの戦いの動画視聴回数が最も多かった。

 金属バット(吉本興業)は、いずれも大阪出身の小林圭輔(36)と友保隼平(しゅんぺい、37)のコンビ。M-1の準決勝常連組で、今年が結成15年のラストイヤーだ。

王道の大阪漫才

 賞レースではパワーや大声、早口で押し切る競技漫才も目立つが、2人は違う。

 流れる大阪弁が心地よく、子守歌のように耳になじむ。無駄な力が一切抜けた漫才は、このコンビでしか味わえない。

 見た目は坊主頭とロン毛。その風貌(ふうぼう)から異端視されがちだが、話芸は王道だ。

 ファンであろうとなかろうと、その場にいるだれをも笑わせる、たしかな実力を持つ。

 かつて、関西の学校の教室には必ずいた、すさまじく面白い友達の雑談をそばで聞いているような、懐かしい感覚を醸し出す。どこまでも柔らかく、気楽に。

 漫才本来の「緩さ」全開の2人が、M-1の4分間の死闘にどう挑むか。注目が集まる。

 準決勝は11月30日、東京・港区の会場で午後5時から。以下の28組が争う。

 ◆真空ジェシカ、シンクロニシティ、ママタルト、ヤーレンズ、令和ロマン、ななまがり、ハイツ友の会、THIS IS パン、カゲヤマ、ダイヤモンド、ダンビラムーチョ、ケビンス、ヨネダ2000、男性ブランコ、ストレッチーズ、さや香、オズワルド、ウエストランド、キュウ、ミキ、からし蓮根、かもめんたる、カベポスター、コウテイ、マユリカ、ロングコートダディ、ビスケットブラザーズ、金属バット(土井恵里奈)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載頂点へ M-1グランプリ2022(全50回)

この連載の一覧を見る