笑顔に包まれた渡辺倫果の会見 立ち直るきっかけはわずか1日の間に

有料記事

藤野隆晃
[PR]

 何度も笑いがおきた10分間だった。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦NHK杯のフリーがあった19日。演技を終えた渡辺倫果(法大)が取材に応じた。ジャンプにミスはあったが、記者とやり取りする表情からは手応えが見て取れた。

 「来季につながることが今季はできた。本当に飛躍の年だったんじゃないかな。シーズンが終わりそうな言葉になっていますけど」

 まさに「飛躍」のシーズンになっている。

 元々、GPシリーズに出場する予定はなかった。今季休養を発表した樋口新葉明大)に代わって急きょ2戦に出ることが決定。10月の第2戦スケートカナダで初出場優勝を飾り、いきなり今季の主役候補に名乗りを上げた。

 勢いそのままに、NHK杯が開幕する前日ごろまでは「『私が(GPシリーズ)2戦目って面白いなあ』っていう感じ」と気負いはなかったという。

 だが、一気に高まった注目度と、突然視界に入ってきた12月のGPファイナル進出。直前でプレッシャーにのまれた。

 「緊張するところまで緊張した」というショートプログラム(SP)では、冒頭の3回転アクセルで転倒。3回転ループは空中で体が開き、1回転に。演技後は腰に手を当て、うつむいた。9位だった。

 「本当にどうしたら良いか分からない」。その夜、切り替えようと思っても、すぐにはできなかった。

 立ち直るきっかけをくれたのは、周囲の言葉だった。

 中庭健介コーチを通して、荒…

この記事は有料記事です。残り944文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]