園児を小突く、トイレに押し込む… 仙台の認可外保育所で虐待の疑い

有料記事

池田良 福岡龍一郎 緑川夏生
[PR]

 仙台市内の認可外保育所で、保育士が園児に対して下着姿のまま食事をさせたり、無理やりトイレに押し込んだりした事案があったことが分かった。認可外保育所を指導・監督する公益財団法人「児童育成協会」は11月2日に仙台市とともに特別立ち入り調査をし、虐待に当たる恐れがあるとみて調べている。

 虐待が行われた疑いがあるのは、認可外保育所「チャイルドルームきいろいくまさん」(同市太白区)。園のサイトによると、本館の定員は生後6カ月から5歳の66人。

 関係者によると、10月中旬までに、保育士が園児の服を脱がせて下着のまま食事を食べさせたり、寝ている状態で薬を飲ませたりしたほか、園児を小突いたり、トイレに無理やり押し込んだりしたという。園内の防犯カメラに一連の行為が記録されていた。他にも類似する行為があったとの情報もある。

 育成協会によると、10月に…

この記事は有料記事です。残り457文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント