中3女子生徒、相撲でめざす日本一 舞の海ら名力士生んだ青森から

有料記事

渡部耕平
[PR]

 横綱・旭富士や小結・舞の海ら、名力士が輩出してきた青森に、新たなヒロインが現れた。中学3年の長谷川心響(ここな)さん。二つの全国大会で準優勝と3位に入り、元日にはいよいよ、中学最後の試合を迎える。「今度こそ日本一に」との思いを胸に、男子生徒と稽古に励んでいる。

 長谷川さんが相撲を始めたのは小学2年から。二つ上の兄が通っていた、青森県つがる市の「つがる旭富士ジュニアクラブ」に入った。市出身の元横綱・旭富士(伊勢ケ浜親方)の名を冠した、由緒ある相撲クラブだ。

 入門したころは男子にかなわなかったが、相撲の魅力にとりつかれた。「体が小さくても、大きな相手に勝てる。そんな予想外なことが起きるのと、勝負がはっきり決まるところが好き」だからだ。

 磨いた攻めは、右差し。立ち合いからすぐ右腕を相手の左脇に差し込み、一気に寄り切る相撲を得意とする。小5のとき、全国大会の個人戦で準優勝。小6の全国大会でも3位に入る活躍を見せた。

 長谷川さんが通うつがる市立木造(きづくり)中は、旭富士の母校。相撲部はないが、敷地内の相撲場がジュニアクラブの稽古場で、入学後も慣れ親しんだ土俵で稽古を続けるはずだった。

 ところが、中学に入ると、新…

この記事は有料記事です。残り551文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント