第47回安保3文書改定、「重要な議論」を避ける政府与党、元陸将の懸念

有料記事

牧野愛博
[PR]

 国家安全保障戦略など安保関連3文書が年末に改定されます。メディアも防衛費や装備の話題を連日、取り上げ始めました。陸上自衛隊東北方面総監を務めた松村五郎元陸将は「せめて半年前から、広く国民に論点を提示して議論を始めるべきだった」と語ります。「肝心な議論が抜け落ちている」とも指摘します。

 ――3文書を巡る政府・国会の議論やメディア報道をどう見ていますか。

 防衛費の金額や、財源、装備などに議論が集中しています。メディアも「ミサイルを何発保有」とか「巡航ミサイル・トマホークを導入」といった報道ばかりです。

抜け落ちた「日本として防衛力をどう使うべきか」という議論

 肝心の「日本として防衛力を…

この記事は有料記事です。残り2050文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
防衛費増額・安保3文書

防衛費増額・安保3文書

外交・防衛政策の基本方針「国家安全保障戦略」など3つの文書を改定は、日本の安全保障政策の一大転機となりそうです。多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載読み解く 世界の安保危機(全100回)

この連載の一覧を見る