長野の中3死亡事故、3度目の刑事裁判で被告に実刑判決 ひき逃げ罪

高億翔
[PR]

 同じ交通死亡事故で2度の刑事判決が確定している被告の3度目の刑事裁判で、長野地裁(大野洋裁判官)は29日、道路交通法違反(ひき逃げ)の罪で被告に懲役6カ月(求刑懲役1年)の実刑判決を言い渡した。弁護側は「同じ事件で被告を二重に処罰することになる」として一事不再理を理由に「免訴」を主張したが、地裁はひき逃げ罪が成立すると判断した。

 事故は、2015年3月に長野県佐久市の市道で発生。中学3年生の和田樹生さん(当時15)が車にはねられて死亡し、現行犯逮捕された会社員の池田忠正被告(49)=同県御代田町=が同年、過失運転致死の罪で禁錮3年執行猶予5年の有罪判決を受けた。

 その後、池田被告は道交法違反(速度超過)などの罪で起訴されたが、反則行為の手続きを踏んでいないなど形式的な不備を理由に19年に公訴棄却の判決を受けた。

 さらに検察は今年1月、過去2度の刑事訴訟とは別の罪状にあたるひき逃げの罪で被告を起訴した。起訴状によると、池田被告は横断歩道を渡っていた和田さんを車で44・6メートルはね飛ばした後、適切な救護をせず事故の通報も怠ったとされる。和田さんは約1時間半後に死亡した。

 検察側は論告・求刑公判で、池田被告は飲酒運転し、事故後に通報せずに近くのコンビニで口臭防止用商品を買って口に含み事故現場に戻ったと主張。池田被告は起訴内容を否認し、弁護側は「コンビニにいた時間はわずか。義務の履行と相いれないとは言えず、救命措置もおこなった」などとして、無罪か「免訴」を主張していた。(高億翔)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント