中国の核弾頭「35年までに1500発所有も」 米、軍事力を分析

有料記事

ワシントン=清宮涼
[PR]

 米国防総省は29日、中国の軍事力を分析した米議会向けの年次報告書を公開した。中国が核戦力の拡大をこれまでのペースで続ければ、2035年までに「約1500発の核弾頭を持つ可能性が高い」と指摘し、改めて強い懸念を示した。

 中国が軍の近代化を終えるめどとする「35年」の核弾頭の数の見通しを示した。報告書では、中国が21年も核軍拡を加速させたと分析し、運用可能な状態で保有する核弾頭が400発を超えたと推定している。国防総省高官は記者団に対し、「数年前に比べ、中国は(核戦力拡大の)ペースを劇的に加速している」と述べた。

 21年に出した年次報告書で…

この記事は有料記事です。残り562文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント